山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもあっという間に3度目の冬☆はてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

人が怒りに我を忘れたときは

昨日と一昨日はいつもより早い時間に仕事をあがって山越えをしたので 帰宅ラッシュ?の車の波に遭遇したんですが。 2日とも、めーーーーーーーーっちゃ、あおられた。 後ろの車のヘッドライトがルームミラーで見えないくらいくっつかれたんです。 あのさ。 …

とうがたつ

どんどん駆け足で春が進んでいく。 今日、出かけた会津若松周辺の桜が満開だったのには驚いた。 桜だけでなく、こぶしもモクレンもなんもかんも咲いていた。 ピンクや黄色、白も文字通り華やかで、 遠く、まだ雪を頂いている磐梯山を飾っていた。 まだこちら…

山と田んぼと夕焼けと。

久しぶりの何の予定もない日。 お昼を過ぎてだいぶしてからやっとの思いで布団からはいだし、 これまた久しぶりのいいお天気に気持ちがそわそわし始め、 でも、ゆるゆると支度をしてLIFE君と出かけた。 ただなんとなく49号線をまっすぐ進んで、 結果、会津若…

美しく流れるような曲線を描けるまで

真夜中のサービスエリアで「アスリートの魂」なる番組を見た。 羽生結弦選手の特集だった。 フィギュアスケートのことはあまりよくわからないけれど、 彼が銀盤の上で描く曲線はとても優雅で美しいことは知っていた。 その番組のなかで羽生選手はアクセルと…

春眠、山越えを覚えず(爆

すごく眠たい。 なにしててもすんごく眠たい。 30個のリンゴ切っている時とか アップルパイを作っている時とか 家に帰るときに山越えしている時とか お風呂で温まっている時とか ひとりきりになるともうとたんに ふーっといなくなれる。(気がする… もちろん…

鏡の中の10年前の私

彼女の口癖は 『なんで私ばっかり』 なんで私ばっかり食事の支度して なんで私ばっかり洗濯して掃除して なんで私ばっかり子供の面倒みなくちゃいけなくって なんで私ばっかりこんなに仕事が大変でがんばっているのに どうして誰も私のことを大事にして思い…

大謝恩大掃除大会

模様替えをした。 いや、大掃除かな。 丸一日かけて、自分の生活スペースを物置と化していた和室に戻し 寝床になっていたリビングを広く使えるように整理した。 和室に突っ込んでいたものを返すべきところに返し、 預かる必要のあるものはリビングの壁一面に…

ピンク色の靴下はあったかい。

一昨年の誕生日に姪から靴下をもらった。 私がとても寒がりで靴下を重ねて履くことを知っていて それから雪国で暮らすようになることを知って 青とピンクの二足のあったか靴下をプレゼントしてくれた。 私は昔から、今でもそうなのだが、ピンク色を身につけ…

スリリング☆上等

今朝、いつも通りに仕事に行っていつも通りに仕込みをして、いつも通りにお客様をお迎えした時のこと。 私はふだんは厨房にいるのでオーダーを受けることはよっぽど忙しくないとなかなかないのですが 今日はフロアの彼女が別件で対応中だったので、朝一番の…

今度はわがまま上等(笑)

ここのところしばらくの間、ずっとこんな風だった駐車場から見える景色が 今日はこんなだった。 ひーひー寒いと着込んでいた厚手のコートも ぐるぐる巻いてたもこもこネックウォーマーも 腹巻も手袋もニット帽もホッカイロもいらなくなってきた。 すべらない…

やさぐれ上等

もうさ、すいやせんしたって言うしかないじゃんか。 もうさ、はじめっから終わりまで何もかも私の話だったのにさ そうなんですね~私もそう思います~かなんか言いながらさ 実はなーーーんにもわかっちゃいなかったってことをさ、 起きていることを受け止め…

最強の助っ人、登場☆

こちらでも気温が5℃を超える日が続き、 芽吹きの季節が間近に感じられるようになった今日。 白一色で、雪との闘いに明け暮れていた世界が、 これから夏にかけての 緑一色で「草刈り」に明け暮れるであろう草との闘いに備えて 超絶☆最強の助っ人が職場にやっ…

春の贈り物

朝どれの小松菜をおひたしにしようとしていたとき。 鮮やかなな緑色の花と出会う。 根っこのところ。 このままぽいっと口の中へ。 ここが一番、味が濃くて美味しい。 茹でた人へのご褒美。 少しだけおかかとお醤油で。 ご来店くださったみなさまへ振る舞う、…

カロリーフリー☆

職場ではおめざ&おやつがめっちゃ充実してますよーというご報告♡ 今日のおめざは会津若松にある太郎焼き屋さんの大判焼き。 2週間に一度、訪問販売に来てくれます。 (´∀`)買っちゃうんだよね、コレがまた。 焼きたてほかほか♡ でも、こちらではコレのことは…

インドウヲワタス

あのさ。 どう、しようかと、おもってんだよね なにのどこを…さ。 あれとか これとか ふーん。 まえからじゃんね、それ。 ずーーーーとそうじゃんね、それ。 …うん。 あのさ。 なんでさ、 いつまでもさ、 あなたのことをきらいっていうひとのちかくにいるの…

ウチのオーナーは知っている

ウチのオーナーは知っている。 願ったことは 自らの行動をもって叶えていくものだということを。 こないだ お昼に 20名の団体で 来てから個別に注文する。 という、爆裂どうしようもない 破壊力抜群の予約をうけちゃったオーナーの話。 厨房サイドはうなだれ…

そのまなざしの先にあるもの

ごめんなさい。 さきに謝っときます。 簡潔に対比させるために便宜上『ざっくり』と分けていくので、独断的になっているところもあります。 ですが、他意も悪意もありませんのであしからず読み進んでください。 保育園で『光るどろ団子』の作り方のワークシ…

嵐の後のフレンチトースト

突然やってきた嵐のような衝撃が、 同じように突然、消えてなくなった。 息をするのもままならず、 ふっと気が遠くなってしまう。 取り乱してしまわぬように、 教えられた通りに過ごす。 できることはそれだけ。 けれど私はひとりでそれを乗り越えられず 助…

吹雪舞う午後、あたたかいストーブのよこで。

あら、あなた。 あなたに言わないといけない気がしてきたわ。 喜んで生きなさい。 自分の言葉で自分を傷つけないことよ。 だって自分自身が一番、自分が一生懸命にやっていることを知っているんだから。 それなのに私はダメだとかいって、自分を傷つけないの…

ワタシが化粧をしないワケ

20歳の頃。 私は心が迷子でした。 ほんとうにいろいろありすぎて 「ここにワタシが存在する価値がない」 と真剣に思っていました。 でも。やっぱり生きていたくて 何とかかんとか一年以上もあがいてもがいて新しい仕事につきました。 当番制で入浴の介助をし…

ただいまを待っている

今日はそろそろ帰るよ。 向こうの道が凍っちゃう前に着きたいんだ。 来週は来られないから、再来週ね。 うん。 じゃあね。 風邪ひいたりしないように。 うん。 いってらっしゃい。 …はい、いってきます。 うん。 いってらっしゃい。 そうか。 キミは、 「た…

お雛さまの誕生日www

「お雛さまの誕生日」のことです(笑) 会津盆地を一望できる会津坂下町の町民センターにつるし雛を見に連れて行ってもらいました。 一昨日くらいから会津では気温がゆるみ、5℃とか7℃とか。 道路の雪はとけて、それまで積もった雪がミルフィーユの用のように…

懐かしの海風@山下公園

先日、ライトアップされたスカイツリーを見て以来、ずっとずっと行きたいと思っていた場所に行ってきました。 山下公園。 そしてマリンタワー。 憧れの「HOTEL NEW GRAND」 山下公園は祖父母の家からバスですぐに行けるところだったので子どもの頃は毎週のよ…

サイアクの事態

ちょっとここんとこあーどもないこーでもないと自分の人生こねくりまわして もうホントきれいに今まで通りのおかしなクセが走り出して この先どれかを選んだって希望の光なんてどれにも、どこにも見えやしないってんで 真夜中の高速走りながらこのまままっす…

さびしんぼ同盟の宴

真夜中に、着信音が響く。 父だった。 うぇぇぇなんだろう。 具合悪いのかな? とっさに時計をみて実家までたどり着ける時間を計算する。 いやー妹子、起きるかなぁ…。 そんなひどい予想に反して 電話の向こうから聞こえてきたのはめずらしく陽気で、 ろれつ…

試作と書いて挑戦と読む

このところの重要ミッションのひとつとして、私に与えられている課題はリンゴのジャム作りである。 加工用リンゴのケースの残りは20。 リンゴの数は無限大(大げさw 今日は30個、ざくとんするごろした。 ザクザク切り分け、とんとん刻んで、するするっと…

LIFE君と私(ちょっと追記あり)

昨日からの関東の風は尋常ではなかった。 実家の周りは畑も多く、その土がものすごい勢いで巻き上げられ まるで会津の田んぼの間でごうごう吹きすさぶ地吹雪の茶色い土バージョンだった。 電線だけではなく電柱も街灯もゆさゆさ揺れていた。 宅配で食材を配…

春の予感

またまたまたやってきた、氷点下な日々。あたりは真っ白。コチコチでつるつる。ふわふわしたがやつらがこれでもかと落ちてくる。立っているだけで、鼻水がたれて足がガクガクしてくる。カラダをぎゅっと縮めてしまうからか、アタマが痛い。( ̄^ ̄)寒い。そん…

葛西から東北道へ抜ける道~中央環状線

仕事を終えてから…とか ご飯食べてひと眠りした後…とか そんな理由の出発時間との関係で、この道を通るのは夜中になっちゃうのがほとんど。 そしてその時間帯は大きなトラックがごうごう走ってもいるので、あんまり景色を楽しむ余裕もなかったりもする。 け…

生きるために雪は降る

急な電話で思いがけず弱点を突かれ、ぐずぐずめそめそ過ごした夜が明けると。 大雪警報発令中。 駐車場は除雪車が来て除雪が済んでいましたが、 LIFE君の周りに残された雪は私のヒザまである長靴の高さをあっさり超えていて、本日も朝から雪かき決定。 しか…