読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

ちょっと説明的なはじめまして。で、決意表明。とお願い(シツコイ)

お天気の良い日には富士山をとても身近に感じる関東平野のわりと都会な町から、

遠く磐梯山のおひざもと、会津の町に縁あって移住致しました。

突然のぼっち田舎暮らしの始まりです。

平均寿命の約半分(ちょっと越えてます…)のこの年になって始まったこの大冒険!!

時計主導の毎日が、太陽優先の毎日に大きくシフト致しました。

山と田んぼと太陽をのんびり眺めながら

ツレヅレナルママニヒグラシスズリニムカイテソコハカトナク…

日々沸き起こるあらゆる気持ちを書き留めておきたくてブログを始めました。

こうやって自分に向かい合えるゼイタクな時間を持てるなんてほんとに嬉しいです。

 

ちなみに。

副題?の『さすけねぇ』は会津弁で「大丈夫」「問題ない」といった意味のようです。

某局で会津藩が取り上げられた劇中でこの「さすけねぇ」を聞いたことはありましたが

その時は特になんとも思いませんでした。

ですが先日、お世話になっている農園の会津歴80年に迫る社長さんが、

「さすけねぇ、そのまま続けてくなんしょ」

とおっしゃった、その「さすけねぇ」の美しい響きに私は惚れてしまったのです。

もちろん社長さん個人のお人柄によるところが大きいことは間違いないのですが、

その「さすけねぇ」にはすべての問題、不安を吹っ飛ばす威力がありました。

ミーハーな私は「さすけねぇ」をカッコよく言ってみたくてこっそり練習してみたり

タイミングを見計らったりしてみたりするのですが

もうそうなると本来の「さすけねぇ」とは別物でただの薄っぺらい棒読みのセリフにしかならないのでした(当然…

いつか、威力のある「さすけねぇ」が言えるその日を夢見ながら、

毎日「さすけねぇ」く(造語)過ごせることに感謝しつつ、

この町の四季ごとの山と田んぼと太陽を楽しんでゆきたいと思っております。

 

最後になりましたが、

「独断と私見」と「綿密な検証と調査なし」

がモットー(照)の個人の雑記録です。

ゆる~く見守って下さいますようお願い申し上げます。