読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

素敵なヨギになる方法

ずっとほんとうのことが知りたいと思っていました。

 
私は幸せですと言う人の表情に悲しみが見えるのはなぜか。
怖いものはないと話す人の声が震えているのはなぜか?
あの神サマがよくてこの神サマが悪いのはなぜか?
先祖の残した想いが今の私たちの生活の苦しみになると怖がらせるのはなぜか?
私はいろいろあなたに見えないものが見えると言う人が私の目を見ないのはなぜか?
天草四郎の生まれ変わりがあちこちにいるのはなぜか?(笑
 
 
なにもかもを貫く揺るぎない「ほんとう」を知りたいと思っていました。
生きる価値のない私がこうして生きている理由を知りたいと思っていました。
あちこちの扉を叩きましたが、なぜか?と思うことが増えていくばかりで、肝心の答えがありませんでした。
 
そんなことを何年も何年も繰り返していましたが、あるタイミングを掴んだとたん、するするするっとあるヨガのブログにたどり着きました。
私が知っているヨガとは全く違う、私のヨガに対する認識を新たにさせてくれるブログでした。
記事の内容にどんどん引き込まれ、ついにはどうしたらこの先生の生徒になれるかを考えるまでになっていました。
 
ある意味、ダメもとのダイブでした。
もし、これがまた「ほんとう」を教えてくれなくても、今までと変わらない。
またちんまりと生きていくだけぢゃん。ダメがもう一つ増えるだけ。
そう自分に言い聞かせながら、ガタガタ震えながら、先生に会いに行きました。
 
先生は私の探している「ほんとう」を教えてはくれませんでした。
ですが、その「ほんとう」へ至る道を示し、照らしてくれています。
 
はじめから、その道を進まない理由を果てしなく生み出し続ける自分との闘いでした。
それでも、私の中の「ほんとう」を知りたいと思う部分が私を進むように仕向けました。
いまは、そこへ至る道の途中で、すべてのことが「私次第」であることの体験を積み重ねながら、私がこうして生きている理由をあちこちに見つけています。
 
この小さな町での暮らしが始まったのも、先生とお会いして覚悟を決めた後でした。
するするするっと移住が決まり、生きていく世界すべてが新しくなりました。
朝もやに煙る山々も、
茜色の夕焼けも、
でっかい虹の根っこも、
ひらひら静かに舞い降りる雪も、
風に揺れてる小さな苗たちも、
真っ白なそばの花も、
真っ青な空に輝く太陽も、
何もかもが圧倒的な存在感を放ってそこにあり、私に語りかけてくる。
その時、私はそれと一緒に、そこにある。
どこまでがそれで、どこからが私かがあいまいになって、
私はその圧倒的な存在感の一部になる。
至福。無上の喜び。
そんな、毎日がここにあります。
 
それでも、まだまだ私はヨギになるために精進の毎日です。
田んぼに植えられたばかりの緑色の小さなイネの苗くらい頼りない。
でも!その頼りない苗たちが、
大きな山から湧き出す水に育まれながら、
太陽の恵みをカラダいっぱいに浴びながら、
時には吹き降ろす風を耐えたり、
時には雲に遮られたりしながらも、
毎日毎日文句も泣き言も言わず、ただそこにあり、
必要なだけの手をかけて、心配しながらも見守って下さる方に支えられながら、
いつか、その佳き日に、黄金色の穂をつけて、とりまくすべてを讃えるように、
私も、私のせいいっぱいで、生きていたいと願っています。
 
 そうか、先生はほんとうは農家さんだったんですね(笑
 
私は素敵なヨギになるために、今日もあぜ道を走ります♫
あ、軽トラで、ですけど☆
 

f:id:crystalai610:20160707224205j:plain