山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

旅は道連れ、ビールは美味い♡その1♡COEDO〜伽羅〜

2週間に一度、息子の住む街へ帰ります。

 

帰る。とはちょっと表現がおかしいのですが、私自身、長く住んでいた場所なので自然とそうなってしまっています。

ちなみに、この小さな町へは「戻る」と表現していることに気が付きました。

普段あまり意識せず使っている言葉にも(だからこそ???)自分の思いがちゃんと反映していることがわかり、面白いと思いました。

…ほかにもあるかしら?

脱線しました<m(__)m>

 

もとい!

たいていの場合は会津若松から高速バスに乗り、この4月から新しくなったバスタ新宿へ向かいます。

4時間ちょいのバスの旅です。

普段、車がないと生活がままならないこの町ではいつ車を運転しなければならなくなるかわからないため、

また、徒歩圏内に居酒屋さんやバルなどはないため、

また、会津若松で飲んで電車で帰ってきたとしても、駅から自宅までの足がないため…

 

(; ̄ェ ̄)いえね、歩けばいいんですよ、歩けば。

でも、8時を過ぎたらただ真っ暗な山道を、酔っ払いが30分以上かけて歩くって…ね(*_*)無理があるから。一応、女子だし。

それに、せっかく楽しく飲んできたのにアルコール抜けるくらい歩いて家に帰るっていう…意味あるかなって考えちゃうから。

と、いうやんごとなき事情のため、ほとんどお酒は飲まずにおります。

 

夏…ツライな。

我慢できるかな?

宅飲み、だろな…(独り言

 

と、今度は前置きが長くなりましたm(_ _)m

 

 

そんなわけで、夢街道会津号に乗る時にはビールとおつまみを用意するのが常態化しておりました。

 

そこで(=゚ω゚)ノ

突然始まりました、旅は道連れビールは美味い♡シリーズ!!

 

記念すべき第1回目のビールは

 

ジャジャジャン!

 

f:id:crystalai610:20160708225702j:plain

 

川越にあるコエドブルワリーさんの

 

COEDO 〜Kyara〜伽羅

 

です。

 

4年位前から、仕事帰りに途中下車してまでとあるバルに入り浸り(汗

そこで定期的にゲストビールとして全国各地のご当地ビールを紹介していた時に出会ったビールのひとつです。

 

当時、サン◯リーのモルツ(プレモルではなく)一辺倒だった私には、

そのバルのオリジナルビールもさることながら、

この伽羅の美味しさは衝撃的で、一気にビールの奥の細道(謎)にまよいこんでしまいました。

入り浸った日数分のゲストビールを飲みましたが(少し盛りました…

いまのところ、私の中でのキングオブゲストビールはこの伽羅です。

間違いありません(フンガッ

 

このビールと会津若松で再会出来るとは夢のようでごさりまする(小躍り♫

 

コエドブルワリーさんのラインナップは華やかですよ。

この伽羅の他には

Ruri〜瑠璃』

『Beniaka〜紅赤』

『Shiro〜白』

『Shikkoku〜漆黒』

の四種類があります。

どれもこれも個性的で楽しみ方がそれぞれあります。

ホームページも美しくてうっとりです。

それによると…

この五つのビールの名前の由来は「日本の色名」からきているそうです。

ご興味ある方はぜひコエドブルワリーさんのホームページを覗いて見て下さいませ。

 

http://www.coedobrewery.com/

 

 

いや〜久しぶり〜

ほーんと(´∀`嬉 )美味しい〜

会津若松で再開出来ると思ってなかったぁぁぁ♡

 

缶の横に書かれている説明文によりますと、

 

☆☆☆☆☆☆☆

赤みかがった深い黄褐色、伽羅色のビール。白葡萄やスパイシーな柑橘を感じさせるアロマホップが香り、鮮やかで綺麗な苦味とともに口の中に広がります。

6種類の麦芽の配合とやや高めのアルコールの配合が、味の膨らみと丸みのあるミディアムボディを織り成しています。

低温発酵ラガー酵母による読み応えがありながらもきれていく心地よい後味です。

☆☆☆☆☆☆☆

 

です!(キッパリ

 

あぁ、瑠璃も買っとくんだったなぁ。。。としみじみ思いましたが、それはそれ!次回のシリーズその2…以降でお伝えしていきたいと思います!

 

いや~バスに乗る楽しみがまたひとつ増えました\(^o^)/

 

 

 

ところで、今日初めて『ビアソムリエ』なる資格が存在することを知りました。

ドイツの大使館公認の資格だそうで、2日間の講習をがっつり受けて受講するもののようでした。

 

Σ(゚д゚lll)スゲエ

 

とは、思ったのですが、都心部で2日間を要し、受講料もお高めなので…

ヘタれなワタクシはシロウトのままで、しかもただただ自分の好みだけで美味いと素敵を判断し続けていっちゃうんだもんね〜と、なんとなく心に決めました(爆

 

 

※最後になりましたが、ビールなどに対して間違った認識、表記などあるかもしれません。特に悪気なく、単に私の認識が足りないだけでございます。大変申し訳ございません。平にご容赦くださいますようお願い申し上げます。