山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

夏はあけぼの

今朝は4時出発。

まだ辺りは薄暗く、深い霧と静寂の中を

窓は開けたままで、ライトをつけながら走る。

山もまだ目覚めていない、そんな時間。

山越えの道は深い海の底を進むようだ。

感覚が広がっていく。

 

山を越えて5時前、開けた視界の色合いがかわっている。

柔らかなオレンジ。

だんだんとピンク。

思わず、きれいと声がでる。

 

山の向こうから朝陽の気配。

 

f:id:crystalai610:20160812122344j:plain

 

 

わずかな間に色彩はシャープさを加えて

光の加減で磐梯山の山頂からビームが出ているようにみえる。

 

 

f:id:crystalai610:20160812122518j:plain

 

そして。

 

 

f:id:crystalai610:20160812122602j:plain

 

6時前には、ご来光。

毎日がはじめて。

 

清少納言は夏は夜がいい感じ。だと言っていたようだけど、

私は夏は夜明けがいい感じだと思う。

成長しようとする命のチカラに満ちあふれた何かが、

地上から空に向かって勢いよくたちのぼっているようで、

その中を通り抜けると、なぜか、

カラダの中にあるわだかまりやこだわりが霧散していくようだから。

 

そして、私もその命のチカラの一部なんだと「わかる」から。