読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

幻の滝

今日はさまよって?裏磐梯めぐりをしました。

道の駅_裏磐梯の農産物直売所に偵察…とは名ばかりの「自主」休暇でドライブ☆を楽しみました。

 

(がっつりと中略)

 

帰り道、磐梯ゴールドラインを猪苗代まで下る道を選択。

 

ちょー楽しい!!!

 

相棒LIFE君にはまきさんから頂いたきらりんシールが装着されているので坂道なんてなんのその!

快適でめっちゃ楽しい峠越えです。

 

 

途中。

見つけちゃった。

 

P『幻の滝』の看板。

 

 

なぬΣ(゚д゚lll)ままままマボロシ

 

 

きゅきゅきゅーーーーっとそのパーキングエリアに滑り込み、看板を確認。

 

f:id:crystalai610:20160907222101j:plain

 遊歩道は2007年に設置されたとのこと。

まだ、10年たっていない…

 

もうここで、ゴウゴウと水の音。

看板の向こう側に川が見えました。

この上流にあるんでゲスな。

200メートルならすぐ近くじゃん。と行く気満々。

 

遊歩道を歩くと、車道を渡った向こうにもう一つ小さな看板が見えました。

 

ちっちゃい。30㎝ないと思う。

 

f:id:crystalai610:20160907222136j:plain

 

自宅の前にクマが出ているので、野生動物にはちょーおびえなながらの遊歩道。

クマよけの鈴を持たないまま来てしまっていたので、控えめにふんふん歌を歌いながらのゆるゆるとした道を進みます。

 

木の根の道が徐々に

 

f:id:crystalai610:20160907222304j:plain

 

 

 

f:id:crystalai610:20160907222408j:plain

 ごろごろした石の道に換わる…

 

歩きながら歌いながら撮ったので、ぶれてます。

あしからずお許しください。

野生動物にあわn…(爆

 

左手側の藪の向こうに幅1メートルもない浅い川が流れています。

水の勢いがあるのが音からもよくわかります。

 

誰もいない道を、ふんふか言いながら歩くアラ〇フおひとりさま。

絵ヅラが多少気になりますが…まぁいいでしょう。

 

 

 周りがごろごろとした大きな岩に換わる頃… 

見えた!!!

 

f:id:crystalai610:20160907222501j:plain

 

 じゃじゃじゃーん!!

 

 これが「幻の滝」です。

f:id:crystalai610:20160907224921j:plain

 

 高さ18メートルの岩肌を滑り落りるような、おだやかな流れでした。

滝を中心にして左右には大小の岩がつみあげられたようになった壁のようで、その隙間を縫って草木が茂っているような場所です。

音の響きががらりと変わりました。

 

この写真を撮るまでは、川の脇を十分に靴で歩ける部分がありまして、正面の写真も撮れます。

 

が、しかし。

 

流れる水の透明さに我慢できず…(*^^)v

 

f:id:crystalai610:20160907222754j:plain

 30度近い気温でしたが、曇り空だったこともあり、水はキンと冷たくて長く足をつけていられませんでした。

 

それでも、嬉しい!!

 

夏の間中、ずーっと川遊びしたいしたい思いつつ、チャンスがなくもう秋か…とあきらめていたのですが、思いがけず願いが叶いました。

 

f:id:crystalai610:20160907235849j:plain

 

思わず自撮りってみました(恥

 

この後、滝の正面になる大きな岩に座り、しばしぼーーーーっと何もしない時間を楽しみました。

 

誰も来ない、貸し切りの「幻の滝」です。

ひとりごと言い放題、自撮り放題、抜け放題(爆

 

ゴウゴウと轟く水の音も

霧のように降り注いでくる滝のしぶきも

ゆっくりそよいでいる木々の木漏れ日も…独り占めでした。

 

 

なんて贅沢な時間なんだろうか。

 

f:id:crystalai610:20160907223532j:plain

 

あんまり水の音の反響が大きいので、後ろで誰かが笑ったような気がして振り返ったりしたのですが、もちろん私一人しかおらず…このままたっぷり30分、ゼイタクに過ごしました。

 

なんだか、ぼーっと見ていると。

滝のてっぺんの黒い岩は三角形で上向いてるし、滝そのものはとても柔らかな優しい雰囲気の場所だし、なんだかリンガとヨーニみたいだなぁと思い至り。

 

 

そういうことか

と、腑に落ちて(謎

ほんのりじんわり嬉しくなりました。

 

 

あれ…また、笑い声がした…と振り返ると

あ(-"-)カップル登場。しかも二組。

いやーん、こわーい。

きゃーすごぉぉい。。。etc

…(-"-)…

 

 

滝に、ハイもうおしまい。帰っていいよ。

と言われた気がしてお礼とお別れを言って、そそくさとゆるゆると道を下りました。

大きな水の音が小さな看板のところまで送ってくれました。

 

 

遊歩道を行ってLIFE君に戻った時の景色がコレです。

f:id:crystalai610:20160907234412j:plain 

ちょっぴっとですが、輝くアレがみえるでしょう?

 

アレです、あれ。

f:id:crystalai610:20160907223143j:plain

輝く猪苗代湖

雲の切れ間から輝く太陽に照らされて湖も輝いていました。

 

もう少し下ったパーキングエリアからの猪苗代湖

ここにもこんなにススキが。

秋に向かってるんだなぁとしみじみしてしまいました。

 

f:id:crystalai610:20160907223241j:plain

 

思いがけず磐梯山の真ん中でとっても楽しませていただいちゃった♫というご報告です。

 

 

 

 ※この幻の滝はガイドブックにものっていると思われます。

(カップルズがるる〇を持って上がってきたから)