山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

新しく始まる旅

今日の会津地方は霧の中。

山々に囲まれた平らなところだけが霧に包まれ気温が7度…

いつもこんな風に磐梯山が見える道の駅あいづでも…

 

f:id:crystalai610:20161114210232j:plain 

 

今日は朝9時でこう。

 寒っ

 f:id:crystalai610:20161114210311j:plain

 

振り返った駐車場にもうっすら霧が立ち込めてました。

 

f:id:crystalai610:20161114210731j:plain

 

 

でも!

私にとっては今日はほんとにほんとに暖かい1日になりました。

よくできましたとお褒めの言葉をいただきました。

ありがたくもちょー嬉しくて。 

 

先月は、ほんとうにこのままどうにかなってしまうのではないかと思ってしまうほど、

いっそこのまま魂売り渡しちゃった方が楽なのではないかと真剣に思ってしまうほど、

悲しくて哀しくて悔しくて辛くてつらつら泣き言ばかり言ってました。

 

けれど。

 

私がどんなにへちゃむくれでも、いつだって

磐梯山は美しいし、

奥川を流れる川の水は澄んでいるし、

早朝の霧は太陽をほんのり包んでぎゅうひのお餅みたいだし、

ながちゃんかぼちゃは甘くて美味しいし、

夕焼けは儚くも優しくこころに沁みてくるし、

焼き立てアップルパイの香りはすべてをとろかすようだし、

虹のでかさは超ド級だし、

渡って来た白鳥は力強く羽ばたいてるし、

夜空の星はほろほろ揺れながら輝いているし、

山は盛大に秋を讃えているし…

ほんとうにグズグズしているヒマはなかったんです。

 

 

天高く飛ぶ鷹に励まされて、

川のほとりで拾う神に拾われて、

夢見るスズメは目覚めて、

自分がオオカミだったことを思い出しました。

 

 

独り、思うがまま、どこにだって行くことができるってこと。

 

 

遠吠えだってかっこよくできるってこと。

 

 

 

だから、私はすべてを潔くぶん投げて、新しい旅に出ることにしたのです。

 

 

さようなら

さようなら

さようなら

夢に泥を塗りつける自分の醜さに。

 

さようなら

さようなら

さようなら

憧れを踏みつける自分の弱さに。

 

って、ミスチルの歌なんか歌いながら。

 

 

新しい旅が始まる。

新しい一年が始まる。

 

さて、私はどこへ行こうかな。

まずは、この霧の向こうを見に行こうか。

 

 

 

願わくば、ひとりでも多くの人にこの瞬間が訪れますように。

 

 

f:id:crystalai610:20161114201254p:plain

 

 

ありがとうございます。

 




じゃ、ちょっと抱きしめてもらいに行ってきます☆