読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

囲まれて…@猪苗代湖

先日の話ですが。

お天気も良かったので、囲まれに行ってきました(笑)

 

同行者の背中側に,、エサ用のパンの耳の無人販売の扉がご覧いただけるかと思います。

 

f:id:crystalai610:20161116211257j:plain

 

鴨たちはみんな知ってたんです。

ここに立つ人間からはパンがもらえるってことを。

 

f:id:crystalai610:20161116211615j:plain

 

じっと待つ。。。

どんどん増えてくる。。。

 

そして! 

ひとたびパンの耳が投げられるやいなや、あたりは騒然となります。

 

鴨たちの真剣な様子(当たり前)に圧倒されて、写真を撮るのも忘れて投げて投げて投げまくる!

 

f:id:crystalai610:20161116211838j:plain

 

ほら。こんな近くまで来て待ってるんです!

私が前進しても誰もひるまない。

先日の件の囲まれた男性よりももっと至近距離で囲まれることができました(報告

 

 

って、私が一番ひゃーひゃー言いながら、この姿を息子が見たら口きいてくれないかも…ってくらいはしゃいで楽しみました(´∀`*)てへへ

 

 

 

ちなみに。

遊覧船乗り場のチケット売り場の小屋でも、パンの耳を売ってます。

そちらでは出向待ちの子供たちがコンクリートの船着き場の上から、下の水面に浮かぶ鴨たちへパンを投げていました。

 

 

 

そうです!

船着き場では「囲まれる」ことはできないのです!!!

 

 

囲まれるか、囲まれないかは…

自由だぁぁぁぁ~(犬井ヒロシ的に

 

 

(-。-)y-゜゜゜古

 

 

 

そして。

白鳥は来るんだろうか?

白鳥に囲まれることはできるのだろうか???

 

この素朴な疑問を会津歴の長い人々に投げかけると決まって

冬の猪苗代湖磐梯山との絶妙なコラボで、雪が深く、凍りやすい…

周囲からはFFのLIFE君では行くこと自体にかなり覚悟がいると脅かされます。

そして、誰も囲まれるか囲まれないか知っている人はいないのです。。。

「そんなこと(白鳥に囲まれに)、しにわざわざ雪の中を出かけない」が答え。

 

 

じゃ!

覚悟して行くよ!!(解決

わざわざ行っちゃうんだから!!(意地

 

みんな!覚悟してて!

ちょー安全運転で行くから!

じいちゃんばーちゃん速度でね!!(爆

 

 

 (*´-`)だって…みてみたいんだもん。

 

 

 

 

遊覧船乗り場の対岸はこんな風に見えていた、秋の朝。

 

f:id:crystalai610:20161116212225j:plain

 

 

 

☆追記☆

 

本日の午前中の猪苗代湖

10時を過ぎて、やっと6度の寒い朝。

覚悟なしにいつものペースで通りすがると…

 

見えた!

あわてて駐車場へ滑り込み、浜へ行くと…

 

f:id:crystalai610:20161118225918j:plain

山と湖と白鳥と…私。

 

穏やかな日差しのなか、

穏やかな彼らの話し声しかしないひととき。

 

ああ、世界はほんとうに美しい。