読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

ヨーダを探しに

オトナなんてさ。なーーんにもわかってないのにさ。コッチのこと、分かろうともしないくせにさ。キミのことはよくわかってるよ、大事に思ってるよ、とかなんとかいっちゃってさ。なにもかもわかったようなフリして、こうしたらいいよ。ああしたらいいよ。ワタシたちの言うこと聞いてたら間違いないよ。みたいなこと言ってきたりとかしてさ。マジ寒い。あんまり煩いから、超絶めんどくさいから、嫌でもコッチがハイハイって言ってるうちはいい人のフリしてさ、ちょっとでもコッチが意見言おうとでもしたら、なんか意味わかんないキレかたしてくんだよね。誰のおかげでメシ食えてんのかわかってるのか?!?みたいな元の話と全く関係ない脅しかけてきたりとかしてさ。結局さぁ、コッチのためなんかじゃこれっぽちもなくて、勝手なオトナの都合を押し付けてきてるだけぢゃん。ただコントロールして操りたいだけなことが、コッチからしたらさ、みえみえなんだよね。自分たちの浅い感じがわかってないところがマジで寒すぎる。それなのに、なんか自分たちだけが絶対に正しい!言うこと聞かないお前らはグズだ!みたいなへんなこと平気で言う。かと思うと、みんなのためを考えてこうしてるんだ、わかってくれよ的な泣き落とし、みたいな。疲れちゃうんだよねー、たいがいにしてほしい。コッチのことあれこれ言う前に、ちゃんと自分の事みて、ちゃんとオトナになってほしい。

 

という、中学生の憤懣やるかたないココロの叫びを聞いた。

 

ほーんとごめんなさい、と思う。

たぶん、あなたの世界ではオトナに分類されているであろう私は、あなたが言っている類のオトナを代表するものとして謝らせてほしいと思ってしまうんだ。

だって、私は「ちゃんとオトナだろうか?」という自らの疑問に、ハイと胸張って答えられないくて、きっと私はちゃんとしたオトナではないんだと想像できるから。

 

ごめんなさい。

取り組んではいるんだよ。

ちょっとづつ進んではいると思うんだ。

もうちょっと、時間をください。

 

っても、待たされる方はつらいよね。

 

ごめん。

ごめんよ。

 

 

そんなこと考えていたらさぁ。

今の私を取り巻くダークサイド(笑)に対する、私の気持ちとまったく同じであると気がついちゃったんだ。

 

いやー、まいった。

これはもう、May the Force be with you.でしょ。

ヨーダを探しに行ってこなくっちゃ!

 

ってか、映画ちゃんと見たことないんだ…。

…オトナなのに、ウル覚えなこと書いてごめんなさい。

  f:id:crystalai610:20161206201051j:plain

 

うん。

ちょっと行ってくる。