読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

トリノコの夜

夜11時すぎ…

ふと、外の音がしないことに気がついて…

 

もしや!!

 

と、窓をあけると、思った通り。

 

f:id:crystalai610:20161207232533j:plain

 

きたきたきたきたぁ

 

雪!ふってきた!!!

 

やっときたぁぁぁ!!

 

やったぁぁぁぁ!!

 

 

 今朝は起きた時には小さな雪が舞っていて、8時の奥川の山は雪で白く煙っていました。

 

f:id:crystalai610:20161207233508j:plain

 

 

少し奥の山への入り口は雲間の太陽と降りしきる雪とで不思議な光景でした。

それでも、積もらないうちにやんでしまって。。。

 

f:id:crystalai610:20161207233557j:plain

 

でも、日中はほんとうに寒くて寒くて、車を降りるともう空気が切れるようでしたし、水仕事で手だけではなく、二の腕までキンキンに冷えてしまいました。

 

そうするとヅツーがしてくることが判明。

そんな時は足浴ならぬ、腕浴やります。

 

 

帰り道。

夕方の6時で平地でも1度…こりゃ降ったらドカ雪だなぁと見上げた空にはまだ半月が輝いていました。

 

ストーブを焚いた部屋で、こまこまと作業をしているうちに体も暖まってきたので外の寒さのことを忘れてしまった、そんな時でした。

 

降ったねぇ、雪!

今年も冬来たよぉ(歓喜

 

ああ、今、遠くで雷が鳴ってる。

低く長く這うような雷鳴。

 

 

いやー寒い寒い。。。

 

甘酒、飲もうっと。

 

とっときの目黒麹店さんの甘酒の素!

目黒麹店さんは会津坂下にある大正14年が創業の昔ながらの麹屋さんです。

詳しくはこちらを ⇒ http://www.kaujiya.com/

 

冷凍庫のこの甘酒はお手軽に、飲みたい分だけをお湯(水でもOK)を加えて1.5~2倍に薄めるだけ。

コチコチのようですが濃度が濃いので、ざーっくりと包丁で切り分けられます。

残った分はそのまま、また冷凍庫へ戻して半年も保存ができちゃうそうです。

麹の甘みがふわっと広がり、柔らかい暖かさが溶けていきます。

 

f:id:crystalai610:20161207232612j:plain

 

 さっそく、お鍋にテキトーな量のお湯を沸かして、半分を投入。

 弱火でゆるゆるほぐしていきます。

 

f:id:crystalai610:20161207232721j:plain

 

2~3分でしょうか?

もうちょっと?

まあ、やんわりとほぐれたら出来上がり。

加える水の量で濃度はお好みに調節できます。

今回、私はちょっと薄めにサラサラにしました。

 

f:id:crystalai610:20161207232750j:plain

 

む~ん。いいかほり~♡

 

そして、トリノコ登場!

一年前にここに引っ越してきたときに一緒に連れてきたトリノコという名前の付いたマグを食器棚から引っ張り出して、久しぶりのランデブー☆

とっても気に入っていたのに不注意で飲み口を欠いてしまったので、今は時々、まったりする時にご登場いただいている秘蔵の(笑)マグなんです。

 いや~なんて贅沢なんでしょう。

 

f:id:crystalai610:20161207232818j:plain

 

今日もいい一日だったなぁ。

 

さぁて。

ひと息ついたら、音の消えた黒い闇と落ちてくる白の世界に想いを馳せながら、ゆっくりと坐って大事な時間を過ごしましょう。