山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

そしてワタシは途方に暮れる

3日間のクエストを終えて帰り着いた会津は猛吹雪。。。(泣

 

新宿から高速バスに乗り、行程のほとんどの時間をぐっすり寝たまま過ごしてあっという間に最後の休憩場所の阿武隈SAに到着しました。

ちょっとワープしたかも…と思うくらいでした(寝てたんだからね…

その時は曇ってはいるもののお月さまも星もきれいに輝いていたので、やっぱりこっちは夜空がきれい♡とお気楽なこと考えながら出発しました。

 

磐越道に入り、雨降ってるけどアスファルト見えてるぢゃんよかった大丈夫だ〜とホッとしたのもつかの間、その後、状況は一変…

猪苗代に突入する白鳥のトンネルを通り過ぎたら…突然バスの窓が曇った。。。

ちょっと暑いかもと思うくらいの車内だったのに窓越しに冷気を感じた。。。

めぇぇぇぇっちゃ降ってる…

暗闇に浮かび上がる外灯の光に照らされた三角の空間にはものすっごい細かい雪が舞っているのが見えて。

その向こうには50キロ規制を示す赤い50の表示がかすんで見えて。

 

ちょーブルー( ̄ー ̄)

高速バスを降りたあと、駐車場からLIFE君を出すための雪かき決定の瞬間でした。

 

 

まあ、あのちっこいシャベルだけで思いのほかすんなりと、でも30分ほどの孤独な格闘の末になんとか無事に脱出。。。よかった(涙

出せなかったら明日の朝に除雪してもらえるまで車中泊だったかもと思うと、ほんとよかった(涙涙

 

その後はフロントグラスめがけてやってくる細かい無数の生き物のようなやーつらと、ワイパーとの激しい攻防を眺めながらの一時間半。

細かいやーつらはボタ雪みたいなやーつらより、白いカーテン密度が濃くてほんと怖かった。

隙間なく真っ白。

しかもプラス地吹雪。

真っ暗闇のなかのホワイトアウト

山越え…パねぇ(ガクブル

 

軽く歯を食いしばりながら運転している途中で、雪ってずいぶん楽しそうにぐるぐる舞うんだなあと思ったのと同時に、もしかしたらこれはお帰りなさいの歓迎の吹雪かも…って思えたらなんだか笑えた。

そぉれほどでぇもぉ~(しんのすけ

なんてふざけて集中が切れた途端、ずずずずずーーーーっと滑ってしまって交差点をへんな角度に斜めになりながら進入…っていうか横切ってしまう(冷や汗

ははは、誰もいないような時間でよかった、ははは。

 

そんなこんなでやっとたどり着いた自宅の駐車場は…なんだか満車な気配。

あの、すみっこの雪をどかして停める場所を作らないと雪に埋まる…家のドアまであとほんの少しのこの場所で車中泊は…嫌だ。

 

はぁ(*´Д`*)また、雪かきかぁ…

 

 

 f:id:crystalai610:20170201222831j:plain

 

 

f:id:crystalai610:20170201223005j:plain

 

雪かきすると、ジーパンがこっちこちになるんやで…(寒