山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもあっという間に3度目の冬☆はてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

生きるために雪は降る

急な電話で思いがけず弱点を突かれ、ぐずぐずめそめそ過ごした夜が明けると。

 

大雪警報発令中。

 

f:id:crystalai610:20170211203215j:plain

 

駐車場は除雪車が来て除雪が済んでいましたが、

LIFE君の周りに残された雪は私のヒザまである長靴の高さをあっさり超えていて、本日も朝から雪かき決定。

しかも、超ヘビー級。

味方は赤いスノーダンプ1台。

ちぃくしょう思いながら何度も何度も雪を運んで往復する。

 

すると

気温は氷点下なのに

周りはどこを見たって雪ばっかりなのに

こんなに寒いのに

汗が噴き出す。

自分のカラダから湯気が立つ。

 

そして…

やばい。だんだん楽しくなってきた。

ちょっと雪だるま作ちゃおうかっつー心の余裕が…

 

 

はぁ、なんかすっきりした。

 

 

ぐずぐずしたってしなくったって雪は降る。

めそめそしたってしなくったって雪は積もる。

ちぃくしょう言ったって言わねぐたって雪かきせねばなんねぇし。

 

 

生きるために。

 

 

生きる、に真剣に取り組むために。

 

 

ああ、それを思い出させるために雪は降るんだな。

そう思った、週末の朝。

 

 

f:id:crystalai610:20170211203300j:plain

 

 

今日は初午。

お稲荷さんのご縁日。

件の心優しい人は200gはあろうかというおおきなまん丸おにぎりに、大胆に油揚げをのっけてお供えを作っていました。

そして日本酒。

敷地内の稲荷社にお供えにいくんだそう。

いまはちょっと忙しいからごちそうはあとで持ってくんだけど、って。

私は今日は故あってお留守番。

今度、別の日にご挨拶にうかがうことになりました。

 

f:id:crystalai610:20170212192257j:plain

 

敷地内にはこのほかにもたくさんの小さなお社があって、それぞれのご縁日にはそれぞれの神様のお好みのお供え物を供えに行くんだそう。

子どものころからそうしていたから…と朗らかな笑顔で教えてくださいました。