山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

さびしんぼ同盟の宴

真夜中に、着信音が響く。

 

父だった。

 

うぇぇぇなんだろう。

具合悪いのかな?

とっさに時計をみて実家までたどり着ける時間を計算する。

いやー妹子、起きるかなぁ…。

 

 

 

そんなひどい予想に反して

電話の向こうから聞こえてきたのはめずらしく陽気で、

ろれつがうまくまわらないくらいに酔っぱらった声だった。

 

 

 

ごめんごめんと言いながらも

どうしても誰かに言いたかったと

「お前の兄弟(父の息子w)が会いに来てくれた!」

と、声を震わす。

 

誰かに話したくて電話した。

夜中にごめん。

ほんとうに、すごく嬉しかったんだ。

黙ってられなかった。

 

と、繰り返す。

 

急に来たの?

お酒持って?

ケンカしなかった?(父とコイツは酔うとケンカする。)

そう。楽しかったんだぁ。

たくさん飲んだみたいだね。

よかったね。

へ?3年ぶり?…そうかもねぇ。

え、白髪が増えてた?

誰の子よ(笑)自分のDNAでしょ。

ワタシ?順当に増えてますよ、ご心配なく。

は?My息子も来たの?

白髪?まだなんじゃない?

 そうかぁ盛りだくさんで楽しかったんだねぇ。

 

 

父は、頑固一徹の職人を絵にかいたらこうなる。みたいな堅物の見本みたいな人物です。

まっすぐ。

堅気。

不言実行。

誰が見てなくたっておてんとうさまが見てる。的な…

 

 

けれど、件の兄弟はその対極を生きてる(爆

My息子しかり。

………

まっすぐ。(でも方向が…

堅気。(貫けず…

有言不実行(もしくはやるけどツメがいまいち。か、あきらめちゃう。

easy come easy go,…的な。。。(涙

 

 

本人たちは至って真面目に不真面目…みたいな人生なのですが、父にはそれが受け入れられず。。。

日常では勢いで厳しく叱責したり、怒鳴りつけたり、来なくて構わん!みたいなやりとりになってしまうことばっかりなんです。

 

 

けれど。。。

 

 

なんだぁ。

やっぱ、好きなんじゃん♡

ツンデレか!

中学生か!

と、心の中では突っ込みを入れながら聞いてました(笑)

 

 

同時に。

父。年取ったんだなぁ…としみじみ思いました。

 

 

3人の唯一の共通点は「さびしんぼ」(笑)

普段はまったく平気な振りするさびしんぼ。

 

3世代さびしんぼ同盟。 

 

 

そして、この組み合わせで飲むと必ず話題になる昔からの「約束」についての話になりました。

嫌なフリして、それでもほんとうに嬉しそうな父の声に、私はできるだけ平静を装って返事をしながら、

その「約束」の成就を祈らずにはいられませんでした。

 

 

 

かの地での。

 

重作じいちゃんとの約束。

 

この白髪のDNAがつなぐ、約束。

 

 

 

おぃ、兄弟!!!

それを請け負ったのはキミなんだよ!!

そればっかりはちゃーんとツメなきゃ、だよ!!

もうそろそろタイムリミット、聞こえてきてるだから!

ふんばれ!

あきらめるな!

 

 

おぃ、My息子!!!

あの山と海と空を欲しがったのは4年生のキミだよ!

思い出せ!

 

 

 

 

と。遠く雪降る山のなかの小さな町のすみっこで、

3人のさびしんぼたちのうるさくもあたたかい宴に想いをはせながら

しみじみワイングラスを揺らした夜がありましたとさ。

 

 

 

f:id:crystalai610:20170224220731j:plain

※ これは2015年6月10日の新幹線の車窓からのやわらかな夕焼け。安堵して心緩んだ帰り道。。。