山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

大謝恩大掃除大会

模様替えをした。

いや、大掃除かな。

 

丸一日かけて、自分の生活スペースを物置と化していた和室に戻し

寝床になっていたリビングを広く使えるように整理した。

和室に突っ込んでいたものを返すべきところに返し、

預かる必要のあるものはリビングの壁一面に積み上げた。

収納を買うまでの間…と思って使っていた段ボール箱も

本棚を買うまでの間…と思って使っていた段ボール箱も撤去して

カラーボックスを3つ組み立てた。

とりあえず天袋に突っ込んでいたものも見ないで捨てた。

窓が開けられるように、去年寒くて仕方なく貼り付けた防寒用のビニールをはずし、

そのビニールとカーテンの間の出窓に並べていた酒瓶たちを

ベランダのハートランドの空き瓶型7人の侍たちをゴミに出した。

寒さしのぎにもらった服も防寒コートも割烹着も着なかったものは処分した。

そのうち加工しようと思っていたもにゃらかも捨てた。

冷蔵庫の賞味期限切れのものや、

自分のために買ったものではないものも処分した。

作業用のクロックスの長靴もすっごく気に入っていたけど、水がしみてくるほど履きつぶしたから引退して頂いた。

いま、玄関横の空きスペースにゴミ袋が山になっている。

明日回収日の空き瓶はさっき集積所においてきた。

 

 

部屋が、広い。

 

 

そうだ。

私はほんの少しの身の回りのものだけをもってここに来たんだった。

こんなにがらんとしたフローリングのリビングに途方に暮れたんだった。

 

f:id:crystalai610:20170405003443j:plain

 

意識しないで生きてるとこんなにいらないもの抱え込むんだな。

自分にとって必要なもの必要でないもの、

そんなことも分からなくなっちゃうんだな。

とりあえず…って怖い言葉だな。

そのうち…も。

きっといつか…も。

 

その残骸に囲まれて暮らす狭い毎日。

およよ。

 

そして、私はずっとここに仮住まいな気持ちだったんだってことがよくわかった。

いつでも逃げだす気満々だったんだ。(てへ

 

 

でも、本腰入れろってことなんで。

今までのご尽力にとっても感謝申し上げながらの大掃除…いたしました♬

 

 

すっきりさっぱり。

そして軽やかに。

 

まだ積んでる荷物は多いけれど、

雑魚寝でよければ5人は泊まれるよ。

米酒野菜は心配ないよ。

 

 

満天の星空。

露天風呂。

川遊び。

ヤギたちと一緒に草むしり。

そしてオープンしたてのビアホール(まだ予定…というより妄想。笑)

 

 

夏、楽しみだな♬