読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

ツバメが飛んだ日

私の手の中のそのちいさく繊細で

ほんのりとあたたかくやわらかな塊は

自由になることを切望した。

 

出られなくて絶望していた時と 

ガラスに当たって朦朧としていた時と

明らかに目の色が違っていた。

 

そっと手の結びを緩めると

力強い羽ばたきを数回、手のひらに残して

まっすぐに飛びたった。

 

向こうから来たもうひとつの羽ばたきと

くるくるっと交わると

一緒に大きな屋根の向こうへ軽やかに消えていった。

 

 f:id:crystalai610:20170519210503j:plain

 

 

コンビニに迷いこんでしまっていたツバメを

無事に見送ることができた時の話。

 

 

 

f:id:crystalai610:20170519210654j:plain 

自分のカラダが飛ぶのに適していないことを

実感して納得した時の話。(笑)