山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもあっという間に3度目の冬☆はてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

山の緑と紫色の香り

いま。

 

峠では藤の花が真っ盛り。

 

f:id:crystalai610:20170521210010j:plain

 

 

f:id:crystalai610:20170521210053j:plain

 

あちこちの木に絡み付いて豪奢な花を風になびかせています。

 

今日は早帰りで夕焼けの時間に峠を越えたので、いつもは時間が遅くて暗くなっているので見えなかったあちこちが藤の花で紫色に輝いているのを見つけました。

 

歩道のない山越えの国道で、気軽にスピードを緩めたり路駐したりはできないのでゆっくりと鑑賞…とはいかないのですが

車窓からの眺めは春の桜に負けず劣らず…といえばいいのでしょうか。

力強さを増していっているありとあらゆる山の緑色と、水を湛えて輝く水田と、その緑の中にあって圧倒的な存在感を放つ濃い紫色の鮮やかなそのコントラストには心奪われます。

しかも夕焼け。まだ気温が27度。

 

 

去年、こんな景色観たっけかな?

キオクが、ないな…(泣)

 

 

そしてあんまりのことにたまらずに、いつもは停まらずに通り過ぎる峠途中のパーキングに寄り道してみました。

ガードレールのすぐ向こうにはまるで紫色の壁のように藤の花が咲いていました。

端に止めて、ドアを開けるとそこは甘くやさしい香りに満ち満ちていました。

その空気をほんのひと呼吸吸い込んだだけで、自分がその空間と一体化してしまったと感じるくらい。

風が吹くと他の花の香りや田んぼの土や水の匂いが混ざり合ってその場のその香りの濃淡が変化して別の空間のように感じられます。

いや~異次元(笑)

 

 

藤ってこんなに強くかぐわしい香りがしたっけかな??? 

しばしその異次元の空間でぼーっとしてみる…

あ~緊張が緩んでいく。。。

 

 

f:id:crystalai610:20170521205829j:plain

 

 

 

f:id:crystalai610:20170521205906j:plain

 

 

f:id:crystalai610:20170522104836j:plain 

 

 

f:id:crystalai610:20170522104905j:plain

 

こんな景色がそれこそもう山のあちこちに輝いているんです。

iPhoneのカメラじゃ、これ以上はどうにもこうにもで…ほんと残念です。

 

 

 

よくよく考えたらここは「藤峠」。

峠のてっぺんのトンネルは「藤トンネル」。

この辺りは「河沼郡柳津町藤」という地域でした。

 

この豪奢な景観からついた地名なのかしらん? 

 

 

国道49号線のこの峠あたりは道路幅を広げる工事をしていて、山を切り崩したり鉄筋を打ち込んだりしています。

もちろん、冬の、あの豪雪のなかでも除雪されて積みあがっていく氷の塊となった雪をよけながらセンターラインの真上を鏡面仕上げされたスケートリンクも真っ青のつるっつるの雪の上を対向車を気にしながらブレーキとアクセルを踏み込みすぎないように息を止めて超絶緊張しながら走らなくてもいいように(怖がりすぎ>爆)

積みあがる雪のスペースの確保するための路肩を確保したり

待避所を増やしたり

除雪車の専用スペースの設置だったりと(未確認、汗…でもそうでないと困る)

安全に安心して往来できるためにしていることなのだと、その恩恵を賜るであろう者の一人として理解しています。

 

でも。

この景色が香りが末永くたくさんの人のココロを奪っちゃうといいなと思わずにはいられません。

 

 f:id:crystalai610:20170522113330j:plain