山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

そばの釜

そばを茹でる釜を洗う。

柄杓で生温い茹で汁をかき出して

まわりにこびりついたそばのカスやらをタワシでこする。

こすり落としたあれこれを柄杓で汲んだ水で洗い流す。

その汚れた水をかき出す。

またこする。

洗い流す。

繰り返し。

 

もうけっこうヘトヘトな時間なんだけど

明日の朝、スッキリとスタートするために

その日いちにちのケジメをつけるために

やらねばなんねぇからな!

と自分に言い聞かせながらごしごしこすっていたら

 

 

 

 

 

ありがとう

 

 

 

 

と、釜に言われた。

 

 

 

ちょっと面食らう。

でも、思い直す。

そうだね。

明日のためでも

ケジメのためでもなくて

今日いちにちの感謝のためにこするんだよね。

今日もめっちゃがんばったんだもんね。

 

ありがとう。 

大活躍だったね!!

 

 

 

やっつけはダメだね。

ひとつひとつ丁寧に…だね。

 

 

 

とかなんとか

ぼそぼそひとりごと言っちゃうくらい

ずっとずっとずーーーーっと窯の前にたって

そばをゆでてゆでてゆでてゆでまっくった一日が終わる。

 

 

ああ、今日もめっさ暑かったなり。

 

f:id:crystalai610:20170530224804j:plain

 

 

ゆで上がりのあちちのおそばを氷水に入れたとたんに

きゅーっと引き締まって、がぜん歯ごたえがよくなるのです。

そのきゅーっとの感覚が不思議でとてもおもしろい。

何度も何度もきゅーっとを楽しんだ一日。

おかげさまで氷水に突っ込む私の右手の皮膚も引き締まり…

右手だけが見惚れてしまうほどつるつるつやつや。

 

 

右手の手首から先だけが…ね。