山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

奇跡☆再び

会津地方は大雨警報発令中。。。の翌日。

出かけたんだから当然帰らなければならないので、その帰り道。

 

那須塩原からの山越えはほんとにスムーズで、特に天候のことなんて気にしてなくて。

いつも通りの真夜中の(ほぼ)貸切のアトラクション。(爆)

 

けれど。

国道400号線の栃木県最後のトンネルに入ってすぐ、ちょっとやな予感が…

 

 

 

トンネルの中がずぶ濡れで…

天井からボタボタとしずくが落ちてきて…

対向車線を走るトラックもだいぶ濡れている。。。

 

 

 

む(; ̄ェ ̄)むむむ。

 

 

 

そう思っているうちに出口。

想像通りに結構な降り具合。

まあ、大雨だねえ…くらいな感じで降っているけれど

うーん、トンネルひとつで景色や天候が変わっちゃうってすごい!!と余裕で思っていられるくらいの降雨量で至って普通の帰り道。

 

 

そこから小一時間進んで、そう、南会津の大きな川のわきの道にさしかかったとたんに状況は激変。

 

ほんのわずかな間に、ワイパーが雨をさばききれなくなって、

どんどんどんどんごうごうごうごうと雨量がまして、

轟音で助手席でなってる音楽が聞こえなくなって

ハンドルがぐぐぐ、ぐぐぐとひっぱられるようになってスピードが出せず

遠くを照らしていたハイビームのヘッドライトが行く手を隠す濃霧に反射して何にも見えなくなってしまった。

 

 

とうとう、私とLIFE君は魚になって川をさかのぼっているのではないだろうか…とも錯覚できるようになるほど、

上から落ちてくる圧力ハンパない容赦ない水のカタマリに丸ごと包まれてる。

 

 

雪とは全く違う、圧倒的な圧力に気おされてほんとうになすすべがなく

真剣に「怖い」と思った。

 

  

 

はんべそべそべそ…

 

 

 

ふっと、圧力が途切れて我に返ると雪よけのスノーシェッドというトンネルに入っていた。

そして、いまいるところが何処だかわかり、ふへへと笑ってしまいました。

そこは間違いなく、往路で私がフロントグラスが曇っているのではなく霧がすごかったと気がついたあたりでした。

 

 

ちょーっとぉ(ㆀ˘・з・˘)

おんなじ罠しかけるのやめてもらっていいですかぁ

 

 

って、思わず声が出た。

そしたら、なんかがははと笑えて緊張がほぐれ、

雨あしも通常の大雨なくらいになってきて。

 

 

よかった。

 

 

ほーんとワタシ、よくもまぁこんなんで生きていられる。

この状況で。

ほんと、奇跡☆再び。

忘れてはならぬとの、ダメ押し。

 

 

ありがたき、シアワセ。

 

 f:id:crystalai610:20170704234219j:plain

 

 

  

   やまない雨はないけれど

   あけない夜はないけれど

   それがいつだかわからないからつらいのです。

 

 

 

 

はい。

ほんと、そのとおりです……(泣)

 

 

 

雨も夜も、私ではどうしようもありません。

 

 

私にできることは

自分の進む先に集中して、

細心の注意を払い、

その時が来ることを待つ。

 

ほんとうにそれだけでした。

 

 

☆☆☆☆☆

 

 

おかげさまで、まだまだたくさん雨は降っています。

田んぼや畑、川やダムなどあちこちの心配なことは耳に入ってきますが

私の日常生活においては変わりはなく過ごしております。

 

ありがとうございます。