山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

雲の向こう、海の風

 

まきさんに教えてもらったひるがの高原SAに立ち寄ってみた。

岐阜各務原ICからすぐのSAなので普段は立ち寄らずに通り過ぎてしまうのだが

絶景、とのこと。

ドキドキしながら滑り込む。

 

 f:id:crystalai610:20170723001728j:plain

 

残念なことに工事中で下半分は白いバリケードの向こう。

土砂降りと大雨の合間で絶景の半分は白い雲の向こう。。。

それでもこのスケールの奥行にすこーんと飲み込まれてしまう。

 

ほんとうは正面に大日ヶ岳

ちょっと左に別山と白山を望む大パノラマのよう。

 

 

願わくは、次回はぜひ青天の時に。

  

 

 

基本、高速道路は夜しか走らないので真っ暗闇のなかを進むのみ。

ほぼトンネルの中、と言ってしまっていいと思うくらい、

おんなじ狭い景色のなかを進んでいく。

それはそれで余計なことにココロ奪われずに「進む」ことに集中できるので楽ではある。

 

 

けれど今回のように明るい時間に移動すると、

もういちいちあたりの壮大な景色が気になって、

SAの物産館が気になって、(笑)

SAがあると寄ってみるという事象が発生。(笑)

 

 

ウロウロとぼーっとを繰り返して、なかなか磐越道にたどり着けない。(泣)

 

 

ああすごい!

写真撮りたい!

と、勇んでSAに入っても

そのSAの立地によって感動が薄れてしまうことも確かだけれど…(哀)

 

 

ところどころの大粒の雨に

正直、ちょっとビビりながらも

夕焼けの生える景色にいちいちうひゃーうひゃー言いながらの行程。

 

 

f:id:crystalai610:20170715223908j:plain

 

富山湾に沈む夕日。

給油に立ち寄った有磯海SAで見えた

雲の隙間からほんのちょっぴりみえたイチゴ色。

 

 

 

ああ、海の景色もやっぱりいいな…と思う。

そういやすこーし海風ロス。

今度はちょうたらさんにいったあと、鎌倉の海でのんびりしよう。

たくさんの観光客のいなくなった秋の海で。

 

 

 

左が滑川市

右が能登半島。(見えないけど

小さく見えてる観覧車は魚津の水族館。(らしい

 

 

すぐ横で若いカップルが永遠の愛を誓う「恋人たちの鐘」を突然鳴らしても気にしない。

 

 

 私の直前でご飯がなくなっちゃって、から揚げ定食が食べられなくても気にしない。

 

 

 

そんな、夕暮れ。(いとかなし