山と田んぼと太陽と

田舎暮らしもめでたく二年目☆のはてな?とびっくり!ときどきジーン(涙…な日々。さすけねぇ、笑ってくなんしょ♫

破壊の一撃と再生の夜

支えている土台からがたがたになり

あちこちぼろぼろで今にも崩れ落ちて

もう間もなく

ワタシをぺしゃんこに押しつぶすであろうと思われた事柄がふたつ

この7日間の間に

それぞれがまったく思いもしなかった角度からの

一見すると厄災に見える一撃を受けて

それぞれがまったく思いもしなかった方向に崩れ落ち

良くも悪くもみえる極端な側面を持ちながらも

解決へ向けて、新たな展開を見せ始めた。

 

 

たくさんの粉じんにまみれて汚れてはいるものの

たくさんのちいさな擦り傷切り傷を負ってはいるものの

気がつくとワタシは、そこに立ったままの状態で

なんということもなく「難」を逃れてしまった。

 

 

 

炎に焼かれて新しく生まれ変わる火の鳥の、その夜に

事態は「打開」された。

 

 

 

 

破壊と再生。

 

 

 

 

そうだ。

こうなることは

前から知らされていた。

 

 

 

もう、驚くことすらできない。

 

 

 

己のふがいなさに、ただ立ちすくむだけ。

 

f:id:crystalai610:20170906165633j:plain

 

 

 新しい希望の光が迎えてくれる、静かな朝。